あらゆる痛みに鍼灸

あらゆる痛みに鍼灸治療

からだは全てひとつととらえる東洋医学では、この病気には○○科、あの病気には○○科など、そういったとらえ方で治療はしません。

こんな実例があります。妊娠5か月の患者様が頭痛を訴えて治療にいらしたとき足に打撲の跡がありました。問診・切診(触診のこと)で打撲が頭痛の原因であるとわかったので、打撲の治療をしました。そうすると頭痛が治りました。もちろん打撲もよくなりました。

患者さんの治療を定期的にしていると、時には風邪をひいたり捻挫をしたり、時には歯の痛みを治療するなど色々あります。その時々に合わせた治療をするのですが、「え?!それも鍼灸でよくなるんですか??!!」と皆さん驚かれることが多いです。
それは、どんな症状が鍼灸治療で治るのかというイメージがないのだと思います。
身体の痛みは、簡単に割り切れるものではありません。
難しく思えるものでも簡単に改善したり、その逆もあり、実際はとても複雑です。
思うように改善されない時は他の方法や治療院をお勧めすることもございます。

和心堂で扱った症状例

WHO(世界保健機関)でも鍼灸の適応疾患を多数定めていますので、ご参考までにご覧ください。