熱中症はなぜ起こる?あなたのサーモスタット大丈夫?

Tag: 東洋医学 熱中症 汗かき 汗でない 足湯 美肌 からだの原理原則
画像の説明

この時期になると天気予報とかで「皆様、熱中症にはくれぐれもお気を付けください~」とか言われるようになってきますよね。

「水分補給しっかりしてください!」とか。

これを聞くたびに、「うーんそれでも熱中症は起こるんだよなぁ。。。」と思ってしまう。

それは「なぜ熱中症になるのか?」の根本解決になっていないからです。

ズバリ簡単に答えを言ってしまうと、「冬は暖房、夏は冷房の温室育ちになって自分で体温調節できない体になってしまっているから!あなたのサーモスタットくるってますよ~!状態」なんです。

暑くなってくると汗腺を開いたり閉じたりして、余分な水分を汗で排出したり漏れ過ぎないようにして自然と体内の温度を一定に保てるように体温調節をしてくれるんですね。

温室育ちの私たちったら冷房と外の気温差に耐えられないひ弱っ子になってしまっている。

普段から夏でもないのにちょっと動くだけで汗がでてすぐ疲れちゃう人
⇒外にエネルギーを排出しすぎてしまう傾向(これを専門用語で「気虚」と言います)

夏なのに全然汗でない人、運動しても汗が出にくい人
⇒余分な熱エネルギーを外に排出できないでいる傾向(これは体質によって専門用語が変わってきます)

前者後者も、いざという夏の暑い時に体を冷やすことができなくなっている状態なんです。

なのでこれを治していかないといけないんですね。水分補給だけでは治らない、むしろそれが悪化を招くこともあります。

「じゃあどうしたらいいのよ??」

それは「今から、足湯しておくこと!」

足湯して体の体温調節を正常に保つことがとっても大事です。

汗がですぎちゃう気虚の人には、足を温めることでエネルギーを足してあげられる。

汗が出ない人も、これまた足を温めることで汗が出やすい状態になる。

のです。

私は汗が出にくい体質なので特にこの梅雨時期から夏はせっせと足湯します。

なぜなら夏が一番汗が出やすいから、この時期に汗腺を鍛えると一年通して汗が出やすい体に変わってきます。

なによりうれしいのが「肌がきれいになる♡」ことです。

汗が出やすい人は、日ごろから胃腸が弱く手足が冷えやすい方が多い。なので足を温めてあげることで、全体を調和することができるんです。

「私どっちの体質だろう??」と思っても、とにかくどちらも足湯すればいいだから簡単でしょ??間違えることないから。これで熱中症も冷房も怖くありません!

それでも体質が知りたい方は、ぜひ治療にいらしてください!