秋は肺の季節④ 症状別養生法

画像の説明


ここのところ天候の変化がとても激しいですね。
この時期は、風邪症状、咳、気管支炎、微熱が出る方が多くいます。

「整体」という言葉を造った野口晴哉は「風邪の効用」という本の中でこのように言っています。

風邪を引くと、鈍い体が一応弾力を恢復するのです(略)体を使っているうちに、ある一部分がかたより疲労の潜在状態になって、そういう部分の弾力性が欠けてくると風邪をひき、風邪を引いた後、回復してくる。それで私は風邪は病気というよりも、風邪自体が治療行為ではなかろうかと考えている。(略)長生きしている人をみると絶えず風邪をひいたり、寒くなると急に鼻水が出るというような、いわゆる病み抜いた人である。(略)肩がこるとか、首が凝るとかいうことを感じているうちは倒れないけれども、そういうのを感じなくなるとパタッと行く。ところが上手に風邪さえ引けば、血圧も下がるし、体のこわばりもなくなるし、ある一部分が侵されるようなこともなくなってくる。(略)風邪というものは治療するのではなくて、経過するものでなくてはならない。


いつも和心堂に通ってくださるある方は、季節の変わり目に風邪をひくたびに薬を飲んでいたら、咳のし過ぎで疲労骨折してしまいました。

それ以後、風邪をひいたときは上手に鍼灸治療と下記の養生をしながら過ごして、すっかり健康になられました。


季節の変わり目にひく風邪は、体の衣替えのようなものです。
身体の症状はすべて浄化作用なので、薬で抑えるのではなく、自然な方法で上手に熱や咳・痰を排出すれば、むしろデトックスされて免疫力が高まります。
身体の症状はすべて浄化作用なので、薬で抑えるのではなく、自然な方法で上手に熱や咳・痰を排出すれば、むしろデトックスされて免疫力が高まります。

自宅でできる症状別養生を説明します。

①咳、気管支炎

●大根はちみつ

純正のはちみつに大根を漬けて、その汁を飲む。

●レンコンのしぼり汁

生のレンコンを擦り、絞った汁をおちょこ1杯一日4~5回に分けて飲む。

●梨のコンポート

梨を皮ごと蒸して食べる
砂糖などの味付けはしない、あまり味がなく食べにくければハチミツを少しかけて。

※下痢しやすい、体が冷えやすい方は向かない。

②微熱が出た時

足湯をしながら、首の付け根にドライヤーを熱めにあてる。
足湯は初めは気持ちの良い温度で、熱湯を加えながらだんだんと熱くしていく。汗が出るまで続ける。

※夜中に咳が止まらない場合、寝る前にこの足湯をするとよい。

③体が温まるお風呂の入り方

段々と寒くなってきました。良く体が温まるお風呂の入り方を紹介します。汗が出にくい方は、1年通してこの入り方をすると、汗が出やすくなります。

ポイント①:熱気持ち良い温度で
ポイント②:お湯の高さはみぞおちより下、心臓にお湯が被らないように
ポイント③:上半身をぬらさない。手・髪・心臓から上をぬらさずにはいる。
ポイント④:フタを閉めてお湯が冷めないように、乾いたタオルを肩にかけて額から汗が出るまで入る。

さらに冷えやすい方は、ヨモギや桃の葉を煮出したものをお湯に入れると、さらに温まります。

それでも冷える方は、まず足湯(上述)をしてからお風呂に入ると身体が早く温まります。

「風邪は経過させるもの」この言葉の通り、身体の浄化作用を上手に利用して、免疫力をアップさせましょう。

症状が治まった後は体がさわやかに感じますよ!